サバゲーの定例会と貸切について解説するよ




未経験者くん
サバゲーに行きたいんだけど、定例会ってなに?
ゆきお
定例会の説明?! 言われてみれば定例会ってサバゲー独特だよな…

どうも、サバゲーブロガーゆきお(@yukio828_com)です。

「よくわからないけどサバゲーやってみたい!」という人に、定例会と貸切の違いをうまく説明できる自信がなかったので、記事にしてまとめることにしました。

サバゲーをしていなかったら”定例会”という言葉なんてあんまり使わないですよ。

会社で”定例会”と呼ぶにしても、サバゲーの”定例会”とは別物。

今回はサバゲー未経験者向けに、サバゲーの定例会と貸切について解説します。経験者は未経験者に説明するときの参考にしてください!



サバゲーの定例会について

定例会とは、同じ趣味を持った人達で集まって、サバイバルゲームを楽しむ会です。
いつも同じ仲間とだけサバイバルゲームをして飽きてしまった人や、一緒にゲームをする仲間がいなくて困っている人、同じ趣味を持つ友達を探している人、様々な人が集まりますので、一人からでもお気軽にご参加いただけます。
引用|フォレストユニオン

フォレストユニオンさんの定例会の説明が分かりやすいため引用しました。

サバゲーはテニスと同じように、相手がいて成立する遊び。

テニスでも球出しマシーンを使ったり壁打ちをしたりすれば1人でもテニスができます。

サバゲーで言うならば、1人で射撃やエアソフトガンのギミックを楽しむ感じ。

つまり相手がいないと撃ち合えません。そこで定例会の出番です。

定例会はサバゲーフィールドに不特定多数の有志が集まって、一緒にサバゲーを楽しもうぜ!ということ。

たとえば、

サッカー場のオーナー
毎週日曜日、サッカーしたい人集合。

1人でもいいし、11人のチームで来てもOK! 初対面同士で即席チームを作って、サッカーしようぜ!

のような不特定多数でサッカーをやるイベントがサバゲーだと毎週日曜日にあります。

見てわかる通り、サッカー場のオーナーが司会進行をするため参加者はお金払ってサッカーするだけ。

初対面の人同士でサッカーをするのは緊張するかもしれません。

ちょっと分かりにくいかもので、もう一つ例を挙げます。

居酒屋店主
毎週日曜日、うちの居酒屋で合コンをするよ。

1人でもいいし、友達と一緒でもいいよ!

という合コンがサバゲーだと毎週日曜日にあります。もちろん居酒屋の店主が司会。

居酒屋に男女が集まるため、参加者がセッティングをする必要がありません。

2つの例をサバゲーに置き換えてみると、

フィールドマスター
毎週日曜日にサバゲーフィールドに集合。1人でもいいし、友達と一緒に来てもいいよ!

フィールドマスターが司会をするから、みんなサバゲーしに来てねー!

ということです。

さて、ここまで読んだ察しの良いあなたは定例会のメリット・デメリットに気付いたかもしれません。

定例会のメリットその1:フィールド側が集客をやってくれる

ゆきお
「人数が足りない!」と慌てることがないのが定例会の良いところ!

場所代を少ない人数で割らないくていいし、人数が集まらずに企画倒れすることもないのがデカい…

未経験者くん
イベント企画したけど人数足りなくて、場所代が高くなったりするもんね…

集客しなくていいのはラクだね!

ただし例外はあります。サバゲー定例会は平日もやっていますが、平日なのでたまに人数が集まらないことがあります。

あと屋外フィールドだったら雨の日は中止になったりします(雨でもやるときもある)。

ゆきお
例外はともかく、集客をする必要がないのが定例会のメリット!

集客で苦労したことがある人はこのメリットが痛いほどわかるはず…

定例会のメリットその2:フィールドスタッフが司会をやってくれる

どこのフィールドの定例会も朝から夕方までサバゲーをするのですが、その間の司会進行(タイムキーパー)をスタッフがやってくれるのも定例会の良いところ。

未経験者くん
司会進行くらい自分たちでやればいいんじゃないの?
ゆきお
分からないだろうけど、サバゲーの司会進行は大変なんだよ…

サバゲーの司会進行は慣れないとかなり神経を使います。

朝イチはルール説明して、ゲーム開始。1ゲーム10分と7分の休憩時間を交互に取ってもらうためのアナウンスをします。

“その休憩時間に次のゲームのルール説明をアナウンスして、ゲームスタート”を1日中やります。

参加者全員が説明聞いているはずもなく、同じ説明を2,3回することも…

ゆきお
自分で司会進行するとめちゃくちゃ大変…

定例会に行って司会進行してもらった方がラク!

メリット1で言いましたが定例会は不特定多数のサバゲーマーが集まるため、仮に参加者同士で争いごとが起きたときに仲裁が必要。

第三者のフィールドスタッフがその仲裁をするため、定例会でスタッフは必要でもあるんです!

定例会のデメリット:時々マナー的に近寄りがたい人がいる

定例会は不特定多数の人が一堂に会するので、色んな考えを持ったサバゲーマーが集まります。

基本的に仲間とサバゲーに行ったら他の参加者と話すことはあんまりありませんが、「見るからにマナーが…」という人がまれにいます。

たとえば、ゾンビ行為予備軍やゲーム開始待機中に試し打ちをする人が極々たまーにいるんですよね…

サバゲーマー
(ゲームスタート前にて)俺のエアソフトガン、弾ちゃんと出るか撃ってみて確認してみよう!(2,3発発砲)
ゆきお
(危ないから、ゲームスタート前に弾が出るかどうかのチェックしないでよ…)

ゾンビ行為予備軍は自分の腕が原因かもしれませんが、ゲーム開始待機中に試し打ちをする人は個人的に「ちょっとなあ…」と思っちゃいます。

BB弾が跳ね返ってくる可能性がありますし、明後日の方向を向けて撃ったとしてもその方向から人が来ていて被弾する可能性も無きにしも非ず。

実際、他の人がゲーム開始待機中に試し打ちをして、その試し打ちの弾に被弾しかけた現場に居合わせたことがあります。

今までゲーム開始待機中に試し打ちをしていた方は安全の為に試し打ちは辞めてください。

未経験者くん
マナーに関しては人それぞれ捉え方が違うもんね…
ゆきお
各サバゲーマーの中でマナーのズレがあるのが定例会のデメリットだね。

もちろん、俺が「マナーが悪い」と思われている可能性もあるけどね!

サバゲーの貸切について

ゆきお
貸切は定例会の真逆だね!

「貸切」とは、読んで字の如くフィールドを貸し切って遊ぶことです。
貸切ご利用時の参加者は、友人、知人を募っていわゆる「仲間内」だけでご利用いただけます!

引用|【サバゲー初心者必見】貸切ってどうやるの( ˘•ω•˘ )??[新木場店貸切のA to Z]

つまり貸切とは、自分たちでサバゲーフィールドを貸し切って、参加者だけでサバゲーを楽しむ!ということ。

先ほどの例を貸切に当てはめてみると、

ゆきお
サッカーコートの貸切ができたから、一緒にサッカーしようぜ!

ということです。

この例では、サッカーコートをゆきおが貸切したため、メンバー集めや司会進行は自分たち(特にゆきお)でやらなければなりません。

もちろん例を挙げた合コンでも同じことが言えます。自分で人集めてお店の予約を取り、セッティングをしなければなりません。

貸切のメリットその1:仲間内だけでサバゲーを楽しめる

貸切をすれば気の合う仲間だけでサバゲーができるため、定例会にたまにいる”マナー悪い人”がいません。

ゆきお
しかも仲間同士で貸切をやると、みんな手の内が分かっているから、定例会とは違う緊張感で楽しめる!

定例会だと相手がどんな考え方で進攻してくるのかわかりませんが、普段連携している仲間ならどんな考えでサバゲーをしているのかがわかります。

サバゲーマー
あいつは右回りで攻めてきそうだな…じゃあ俺はその裏を突くか!

のように、お互いの攻め方を読み合って戦うので、めちゃくちゃ楽しい。

意表を突いたり、突かれたり、貸切は定例会とは違う雰囲気でサバゲーを楽しむことができます。

貸切のメリットその2:自分たちでルールを決められる

ゆきお
貸切は自分たちでルールを決められるから、定例会では出来ないルールができる!

定例会は参加者全員が楽しんでもらえるように、万人受けするゲームルールをします。

ですが、貸切だと自分でルールを決められます。

たとえば、大統領護衛戦。

赤チームは時間内にスタート地点から指定の地点まで1人(大統領役)を護衛しながら到着すれば勝利。黄色チームは大統領が時間内に指定のポイントに到着させないか、大統領を倒せば勝利。

といった特殊ルールが楽しめます。

貸切のデメリットその1:人が集まらなければ、1人当たりの参加費増加

どこのフィールドも定例会の参加費は大体3000円。

貸切の料金設定になると”最低人数10名で3万円、それ以上の人数になる場合は1人3000円”のフィールドが多いですね。

10人以上集まれば、1人3000円でサバゲーができますが、5名しか集まらなかった場合、参加費が1人6000円に跳ね上がります。

人数が集まらなくてキャンセルをしようものなら、キャンセル代がかかります。屋外で大雨が降らない限りは。

ゆきお
人数不足って無いようで意外とあるから、集客は念入りにね!

貸切のデメリットその2:自分たちで司会をしなければならない

司会進行は時間をみながら、参加者を飽きさせずに楽しませる暗黙の了解があります。

準備が不十分でグダグダなサバゲーになってしまうと目も当てられません。

参加者全員がグダグダなサバゲーをしたいなら話は別ですが、お金払うならサバゲーしたいじゃないですか?

定例会のメリットその2でも言いましたが、ほぼ10分ごとにアナウンスをする必要があるので司会進行は大変なんです…

休憩時間の間に次のゲームのルール説明をして、話聞いていない人にもう一度説明して、ゲームスタートのアナウンスして…

1人で司会をするなら、まず休めません。そして司会者は時間を管理している関係でサバゲーがほぼ不可能。

ゆきお
司会者もサバゲーしに来ているのにサバゲーが出来ないという矛盾が貸切にはある。

司会進行のデメリットは司会者だけのデメリット。

なので”数ゲームは他の人に司会進行を代わりにしてもらって自分もをサバゲーする”って方法もありますけどね。

最近では貸切での司会進行を頼めるフィールドが増えてきました。めっちゃ助かる。

未経験者くん
貸切って主催者側にデメリットあるけど、参加者側にデメリットはないの?
ゆきお
貸切の参加者は特にデメリットはない!

気の合う仲間だけでサバゲーを楽しんでください!!

サバゲーの定例会と貸切はどっちどっち!

定例会は、不特定多数のサバゲーマーがサバゲーフィールドに集まり、フィールドオーナーの司会進行の元、サバゲーを楽しみます。

貸切は、仲間内だけでサバゲーをできるけど、司会進行も自分たちでやらないとダメです。でも定例会では出来ないルールを自分たちで作り、楽しむことが出来るのが魅力。

未経験者くん
定例会と貸切、どっちがいいの?
ゆきお
定例会と貸切、どっちもどっちだから何とも言えないね…

定例会と貸切、大して違いがないため定例会でサバゲーデビューしても全く問題ありません。

定例会と貸切で迷っている暇はありません。まずはサバゲーをやろう!