【写真40枚超】曇らないサバゲーゴーグルを文系不器用でも自作する方法を徹底解説

あわせて読みたい
SPLASHと、どこでもベープ塗装のコラボ中!
【藪好きが教える】夏の森林サバゲーフィールドの虫対策について!

自作ファン付きゴーグルにしてから曇りしらずです。

どうも、サバゲーブロガーのゆきおです。(@yukio828_com)

サバゲーマー
うわあああ! ゴーグル曇って何も見えない!

曇り止め塗っても、市販のファン付きゴーグルを使っても曇る!

全サバゲーマーが1度は通ったことがある悩み、ゴーグル・サングラスの曇り。

ゆきお
ほとんどのの人は曇り止めを塗ったり、ファン付きのゴーグルを使ったりしてる印象。

でもそれでも曇るんだよね…

自分も色々と対策しましたが、結局は曇ってしまうという…

最終的にいきついたのが、自作ファン付きゴーグルでした。

ゆきお
自分でファンをゴーグルに取り付けて、曇りから解放されよう!

ゴーグルにファンを搭載するのは誰でもできますよ。
現に俺ができたんだから。

電気図なんてさっぱりわかりませんし、虫の次に理系科目が苦手です。

抵抗?オーム?なんすかそれ。図工や化学はずーっと3で、数学のテストは赤点スレスレで頑張ってました。

今回、そんな理系がダメな自分でもゴーグルにファンを搭載できたので、搭載の過程を40枚超えの写真と共に詳しく解説。

この記事を参考にあなたもファンをゴーグルに搭載してみてください!

曇らないサバゲーゴーグルに必要なもの

  • ESS プロファイル NVG
  • 熱収縮チューブ
  • 電池ボックス リード線・フタ・スイッチ付き 単4×3本
  • 5V25mm角 DCファン 2つ
  • 銅線
  • 結束バンド
  • 半田・半田ごて
  • 接着剤
  • ニッパー

などなど

電池ボックスDCファンを購入したサイトは秋月電子通商さん。

今回ファンを搭載するゴーグルはESS プロファイル NVG アジアンフィットのジャンク品。

ゆきお
ヤフオクでアジアンフィットが6000円!?

ファンが動かないからジャンク品だと…買うしかない!

ヤフオクでファンが動かないESS プロファイル NVG アジアンフィットが6000円で売られていたので、衝動買いしてしまいました。

元々アジアンフィットではない米軍放出品のESS NVGを使っていましたが、ゴーグルのカーブと自分の平べったい顔の形が合っていませんでした。

安全面には問題ありませんが、妙に圧迫感があるんです。

ゆきお
ESS NVGって外国人向けだからカーブがきついのか…

だからアジア人向けのアジアンフィットがあるのね…

なので、機会があればアジアンフィットが欲しかったワケです。非常に良い買い物をしました。

ゴーグルにファンを取り付ける前の準備

ゴーグルにファンを取り付けるために元々ついているファンを取り外す

ターボファンが故障しているので、まずは元々搭載されていたESSのファンを外します。

ESSの電池ボックスのネジを取り外します。

はい、分解。

次に、ファンを外します。

黄丸の2つのネジを外します。

このネジがめちゃくちゃ小さい。気を付けないとネジを舐めます。

ゆきお
1つは取れたけど、もう1つのネジ山を潰しちゃった…

ファンの素材はプラスチックっぽいし、ネジも小さい…

ゆきお
パワーでもぎ取れば万事解決!!

無事、もぎ取りました。力こそパワー。

ゴーグルにファンを取り付けるために加工する

ネットで得た知識をフル活用し、ゴーグルの両端にファンを搭載します。

空気が通るように、ニッパーで穴を広げていきます。

徐々に穴を開けていきます。

このくらい穴が開けばOK。

反対も同じくらいの大きさの空気穴を開けます。

これでゴーグルにファンを取り付ける準備ができました。

ゴーグルにファンを取り付ける前に整理事項の確認

配線について整理したいと思います。

ファンをゴーグルの両端に2つ取り付けます。

マジックテープで電池ボックスとバンドを固定。

単4電池×3本のボックスを使っているので、4.5Vのパワーが出ます?

5Vのファンを2つ使っているので、多少パワーは落ちるみたい?

ゆきお
ぶっちゃけ、5Vで云々とかよくわからん。説明できない。

でも、ちゃんとファンが動くから気にする必要なし。動けばなんでもOK!

ゴーグルにファンを取り付ける時のワンポイントアドバイス

ゆきお
2つのファンの向きを外から内にするのがオススメ!

最初は風の流れを考えて、1つを内から外に、もう1つを外から内にしていました。

ゆきお
片方だけ曇る…内から外にファンをセットした方が曇るな…

内から外にファンをセットしたら曇ったため、両方とも外から内向きにしてみたら曇らなくなりました。

25mmDCファンには白いシールがあって、そのシールを内側にすれば外から内に送風されます。

んで、はんだ付けに関しては下記の動画から勉強してくださいね!

ゴーグルにファンの取り付ける

ゆきお
ファン取り付け作業でのケガは自己責任でお願いしますね。

ではいよいよファンを取り付けていきます!

ファン同士を銅線ではんだ付けする

こんなイメージで銅線とファンをはんだ付けしていきます。

ここで銅線が千切れないためのワンポイント。

接着剤をはんだの部分につけて補強。

いらない紙に接着剤を出して、つまようじで「ちょんちょん」と塗ればOK。

使っている接着剤はウルトラ多用途S・Uです。

建築仕事をしていた親父に「最強の接着剤貸してくれ!」と聞いたらこの接着剤を貸してくれたので、たぶん最強だと思います。

  • はんだ付けする
  • 接着剤で補強する
  • 熱収縮チューブでカバーする
ゆきお
この3つの手順を踏めばOK!

初めて作った自作ファン付きゴーグルの、はんだ付けした部分が良くちぎれたんですよ。

はんだ付けがきれいに出来ていないのも原因かもしれません。

面倒なので、接着剤で強固に補強しました。接着剤で補強は誰でもできますからね。

さて、銅線の長さを調節しながら、ファン同士をはんだ付けします。

まずは赤銅線からはんだ付け。

電源ボックスへの銅線も一緒にはんだ付けしますよ。

こんな感じではんだ付けしていきます。(計画変更して右周りで電池ボックスに配線しています。)

もったいないけど、はんだ付けした銅線を1度切って、3つをはんだ付けし直します。

ゆきお
あなたがファンの取り付けをするときは、よく考えてからはんだ付けしてくださいね!

↑これを、

↑こうして、

はい、できた。めっちゃ大変だった。

3つ同時にはんだ付けすると、銅線が熱でバラバラになるんですね。根元を持とうにも熱くて持てないし。

ゆきお
黒銅線をはんだ付けするときは少し考えよう…

そうそう、忘れずに接着剤で補強してくださいよ?

次は黒銅線をはんだ付け。

とりあえず片方のファンだけはんだ付けして、もう1つのファンをはんだ付けする方法を少し変更。

長さを見て、2つ目のファンのちょうどいい部分の皮を剥きます。

この部分にはんだをしていきます。

こんな感じ。これならとっても簡単にできます。

ということで、ファン同士のはんだづけが出来ました。

見落としがちですが、シール部分にも接着剤で補強することを忘れずに!

サバゲーマー
なんか人差し指に水ぶくれが出来てない?
ゆきお
赤い銅線繋げている時に火傷した…

はんだ付けするときは気を付けてね!

ゴーグルにファンを固定する

まだファンがゴーグルに固定されていないので、結束バンドを使って固定していきます。

ゆきお
2.5mm幅の結束バンドじゃないと、ファンの角にある穴に結束バンドが通らないから気を付けて!

はんだでゴーグルに穴を開け、ファン2か所で固定します。

ボールペンで穴を開ける印をつけて、

こんな感じで固定しましょう。

ゆきお
レンズ側(外側)はピッタリハマっているので、顔側(内側)を固定すればOK!

もう片方も同じように固定して完了です。

ファンを動かすための電池ボックスをはんだ付けする

今回ターボファンの配線に使っていた道?を利用します。

写真のように配線します。

普通はこんな隠し通路がないので、昔使っていた自分のゴーグルの配線も公開しておきます。

外に剥きだし。

結束バンドを2つ繋げて、ゴーグルのバンドに沿うように調節しています。

ゆきお
隠す手間? んなもん面倒だからやらないよ!

ってか不器用なもんで、隠すことが出来ないし、配線の色で敵にバレることはないだろうから、配線は外に剥きだしです。

話は戻って、電池ボックスもファンのはんだ付け同様に、接着剤で補強して、熱収縮チューブ。

全てのはんだ付けが終わったら、電池を入れて動くか見てみましょう。

はい、ファンが動いているのでバッチリ。

次に、電池ボックスにマジックテープを接着剤で貼り付けます。

はい、できた。

電池ボックスは図に表すと、こんな感じで固定します。

写真にするとこんな感じ!

きつく固定しておけば、途中で電池ボックスが取れることはありません。

ファンとファンの間の配線は、結束バンドで固定。

サバゲーマー
配線が見えてカッコ悪くない?
ゆきお
俺のゴーグルなんて誰も見てないから大丈夫だ!

ただの自意識過剰だし、気になるんだったらカモテープを巻けばいいでしょ?

これにて完成です。お疲れさまでした。

曇らないサバゲーゴーグルは意外簡単に作れる

自分でゴーグルにファンを付けるって一見難しそうに思いますが、意外と簡単。

どうやったらゴーグルにファンを取り付けて良いのか分からないから、「難しい!」と感じるだけなんです。

はんだ付けなんて数学で14点を取った自分でもできるんですよ。なんでみんなやらないんですかね?

ゴーグルにファンを取り付けることで、

  • 視界の快適さを確保
  • シューティンググラスよりも安全を確保
  • ファンが壊れても、自分で直せる

この3つが約束されます。

1つ目と2つ目の言っている意味は言わずもがな。

3つ目の理由は、自分で一から作ったから自分で修理ができる。

自分でファンを取り付けたので、壊れた部分を見るだけで修理の方法も分かるんです。

もし、既製品のターボファンが壊れてしまったら、

サバゲーマー
ファンが壊れた!修理出さなきゃ…

いや、壊れたからもう売るか!

ゆきお
(直せそうだから直せばいいのに…)

現に自分はファンの壊れたジャンク品を買いましたからね。

今回は誰でもゴーグルにファンを取り付けられるように、写真をたくさん入れて解説しました。

サバゲーマー
自分でゴーグルにファンを付けてすごいよねー
ゆきお
いや、ファンを取り付けるのなんて誰でもできますよ!

難しいことは何1つしてないですからね。

ゴーグルにファンを付けるだけで、視界の曇りは無くなり、安全面も確保されます。

ゴーグルで曇らない快適さを手に入れてしまった今、自分はシューティンググラスに戻れません。

ゆきお
安全でクリアな視界を確保するためにゴーグルを購入し、ファンを付けるかどうかは、あなた次第!