【随時更新】レインボーシックスシージで初心者におすすめしない攻撃オペレーターについて

あわせて読みたい
SPLASHと、どこでもベープ塗装のコラボ中!

【藪好きが教える】夏の森林サバゲーフィールドの虫対策について!




サバゲーの感覚でレインボーシックスシージをやってます。どうも、サバゲーブロガーゆきお(@yukio828_com)です。

YouTubeでレインボーシックスシージの動画配信を見ていて、「初心者におすすめのオペレーターを教えてください」ってコメントをよく見かけるんですよ。

レインボーシックスシージを最近はじめて、初心者はどのオペレーターを使えばいいのか分からない気持ちはすごくわかる。

もしも初心者には到底扱えないようなオペレーターを選んでしまい、チームに迷惑をかけてしまったら…と思うとせっかくのゲームも楽しむことが出来ません。場合によっては、あおられることもあるって聞いたことがあるし…

んで、個人的に思っているのはそもそも初心者におすすめのオペレーターは無い。

ペーパードライバーとレーサーが同じ車を運転するとレーサーの方が上手なのと一緒で、初心者はどのオペレーターを使っても大してかわりません。

逆に、初心者におすすめできないオペレーターがあります。今回は初心者におすすめできない攻撃オペレーターを紹介していこうかと思います。

言い換えると、初心者におすすめできないオペレーター以外なら初心者が使ってもOKってこと!



初心者におすすめしないオペレーターその1:トゥイッチ(TWITCH)

初心者が使ってはいけないオペレーターNo.1、トゥイッチ。

理由は簡単で、ショックドローンを長い時間操作してしまって、気づかないうちに味方に置いてかれるから。

準備フェーズが終わり、アクションフェーズになった途端にショックドローンをずーっといじる人を見たことありません?

1人だけ長い時間ドローン操作をしている、ということは実質4vs5で戦っているのと一緒。通話しているならまだしも、1人でやっていると情報共有も難しい。

ショックドローンをいじっている間に味方が1人2人と倒されていき、最後は自分1人に…もちろん1vs3でも巻き返せる強さがあればいいですが、初心者には辛いものがあるでしょう。

さらにトゥイッチの銃のリコイルもなかなか難しい。連射レートは高いから非常に強いんだけど、当たらなければ意味がない。

ということで、ショックドローンを使うタイミングがわからなければトゥイッチを使うのを控えましょう!

初心者におすすめしないオペレーターその2:グラズ(GLAZ)

グラズもトゥイッチと並ぶくらいおすすめできないオペレーター。

スナイパーライフルを使っているからといって、めちゃくちゃ遠くから狙っていることが多いんですよね…

例えば、大統領専用機。グラスの弾だと飛行機の窓ガラスが貫通するため、一方的に攻撃することができるのが強い。

が、敵を倒すのに執着してしまい、味方がやられているのにも関わらず外から永遠に敵を倒そうとしている人が多い…

もし仮にディフューザーを設置したものの、室内の味方が全員倒されてしまってグラス1人になってしまい、ディフューザー解除されると「グラズ何やってんだよ…」となること間違いなし。

そもそもグラズのメイン武器って単発のスナイパーライフルじゃないですか?

1発でヘッドショットを出来ればいいんですけど、初心者さんが初弾でヘッドショットを狙うのはなかなか難しいかと…

トゥイッチ同様、当たれば強い銃を持っているグラズですね。

初心者におすすめしないオペレーターその3:テルミット(THERMITE)

防衛側がブリーチングチャージ等で壊されないように壁を補強しますが、その補強した壁を壊せるヒートチャージを持っているのがテルミット。

どの補強壁を壊したらいいのか知っておかないとダメですし、コツのいる補強壁の壊し方を知っておく必要があることも。

破壊しても意味がない壁にヒートチャージを使うと攻めにくくなってしまいます。各防衛ポイントでどこをヒートチャージで壁を破壊すればいいのかを覚えてからテルミットを使おう!

初心者くん
補強壁を壊せるヒバナは初心者が使ってもいいの?
ゆきお
初心者がヒバナを使っても使わなくてもどっちでもOK!

なんでかというと、テルミットのヒートチャージでなんとかなることが多いから。究極、エイム勝負で勝てるならテルミットも必要ないし!

初心者におすすめしないオペレーターその4:バック(BUCK)

初期オペレーターで初心者におすすめできないのは3名。次は追加されたオペレーターの中でおすすめできないオペレーターについてです。

バックはスレッジと似たオペレーターですが、ショットガンを使うことで上下左右どの方向でもマップ破壊が可能なオペレーター。

テルミットをおすすめできない理由と似ていて、バックもどこをマップ破壊すればいいのかを知っておく必要があるため、初心者が使うのは少し難しいかと。

例えば領事館の地下を攻める際、ガレージにある白い車の裏にいる敵を倒すのに、上から撃ちこむとラクに敵を倒せるかもしれないじゃないですか?


引用|R6MAPS.COM

こういったポイントを各マップ把握しておく必要があるため、初心者がバックを使うのはおすすめできませんね…

さらにバックの銃はブレが凄まじく、リコイルコントロールが難しい。

いくつかのパッチでかなり良くなりましたが、それでも慣れていないとリコイルコントロールは難しいでしょうね…できれば自分もバックを使いたくない。

初心者におすすめしないオペレーターその5:イング(YING)

カンデラと呼ばれるボールから数個のフラッシュバンが飛び出して敵の視界を奪うオペレーター。カンデラを使うことで無理やり敵の懐へ突入して敵を倒したり、ディフューザーを設置したりすることもできます。

おすすめしない理由はカンデラを使うタイミングが難しい。

味方と息を合わせてカンデラを使う必要がありますし、カンデラの投げミスをしてしまうと味方の視界を奪ってしまうこともあるからです。

イングに似たオペレーターでカピタオも使い勝手が難しいですが、どちらか1人を上手な人が使っていればなんとかなるでしょ!

さいごに:おすすめできないオペレーターを選んだ理由

初心者さんによくありがちなのが、“周りを見ずに戦っていて、いつの間にか味方がバリバリやられてしまい、最後自分1人が取り残される”という展開。

なんで周りを見ていないのかというと、オペレーターの武器やガジェットが1つの原因だったりします。上手い人が使うと強いけど、初心者が使うと足手まといに早変わり、って感じ。

トゥイッチとかいい例ですよね。2018年1月ごろのパッチでショックドローンのテーザーガンが15発から5発に減ったため、以前よりもショックドローンを操作する時間は短くなりました。

が、ショックドローンを長い時間操作している人はこの記事を読んでいる人の中にもいることでしょう…

“初心者におすすめのオペレーター”ではなく、“初心者におすすめできないオペレーターを紹介し、それ以外のオペレーターを使いましょう”という記事でした。

毎週サバゲーして得たことを共有したくてメルマガを始めました

関東圏で毎週サバゲーしていたおかげで、色んな知識がつきました。

サバゲー中はもちろん、一緒に遊ぶ仲間と話していると
あなたにも知ってほしいコトが出てくるんです。

でも、記事にするには少しボリュームが足りないので、メルマガで伝えることにしました。

無料でメルマガに登録できて、さらに登録特典つき。

特典だけでも読む価値があるので、ぜひメルマガを読んでくださいね。

>> メルマガの詳細を読んでみる! <<