思い切ってMADサバに参加して大正解。夜のMADサバ7の空間が最高だ!

MADMAXは1秒も見たことありません。どうも、サバゲーブロガーゆきお(@yukio828_com)です。

以前からずーっと気になっていたMADサバにカメラマン枠として参加してきました。

今回昼の12時から翌日午前3時までのMADサバ7に参加して思ったこと。

ゆきお
人は見た目によらない。

そして自分の衣装に不安があって参加しないのは勿体ない…

MADサバに興味がある人、ぜひこの記事を読んでいってくださいね!

この記事には写真がほとんどありません。
顔出しNGの方がいたりするとご迷惑をおかけするためです。

MADサバについて今一度おさらいしよう

サバゲーマー
そもそもMADサバって何?

MADMAXなサバゲー?

ゆきお
うーん…ちょっと違うかな…?

俺はMADサバはサバゲー以上に非日常を味わえる、特別な空間って思った!

サバゲーの魅力の1つに、非日常体験ができるってのがあります。

関連記事:サバイバルゲームには5つの魅力がある!

MADサバはサバゲー以上に非日常体験ができる場です。

自分だけの解釈だけだと説明不足なので、主催者のサトミさんにもお話を聞きました。

ゆきお
MADサバを知らない人に対して、MADサバについてどのように説明しますか?
SATOMICさん
世紀末に生きたい奴は俺のところに来い。
ゆきお
(かっこいい)
SATOMICさん
MADサバってMADMAXなサバイバルゲームと誤解されやすいんですが、そうではないんです。

世紀末の世界でサバイバルをする、だからMADサバなんです。

ゆきお
なるほど、そういう言葉の意味だったんですね!

本当の殺し合いはもちろんダメなので、世紀末世界でのサバイバルな体験をするのに最適だったのがサバイバルゲームのルール。

参加者がケガをしないためにあるサバゲーのルールをMADサバにも応用しました。

サバゲーマーなら守って当然のルールにMADな要素を取り入れたため、サバゲー経験者の参加者ならルール把握がすんなりできます。

MADサバの参加者を見てもらえれば分かりますが、十人十色の装備・服装をしています。

ですが各々の装備・服装の根底にあるのは”世紀末世界”。(根底にない人もいるかもしれないけど。)

個人的に感じたのは世紀末世界の他に、終末世界観。

映画『MADMAX』から飛び出してきたような人から、ゲーム『ディビジョン』、『Fallout』の登場人物かと見間違えるような人まで、色んな人がいました。

MADサバの敷居が高く感じる原因について

サバゲーマー
みんな装備に手が込んでるよね?

みんな衣装にガチだから敷居高く感じるし、自分1人だけ装備が平凡だと恥ずかしい…

ゆきお
実際に行ってわかったけど、別に敷居高くなかったよ?

もちろん参加者の装備に圧倒されて「ヤバい所に来てしまった…帰りたい…」って初めは思っていたけど、最終的に慣れたら”怖い”ってよりも”すごい”だったね!

MADサバに参加したいけど、「参加者の装備ガチじゃん…」と思ってしまって参加しない人がそこそこ多いです。自分もその1人。

だってみんな明らかに外見が怖すぎるんだもん…!

みんながみんな気合入った装備なので「MADサバは世紀末世界観を壊さないドレスコード必須…?」と自分自身思い込んでいました。

そして「装備をキッチリ揃えないと現地で恥をかく?」とも思っていました。

しかし、ここでふと気づきました。

ゆきお
“MADサバに行くための装備を気にして参加できない”=”初サバゲーに装備が揃っていないから怖くて行けない”じゃないか?

さっきも言ったけど、MADサバ参加者の装備・服装の手の込みようが凄まじくて、”MADサバに興味があるけど行けない”人が割と多いはず。

少し話が脱線しますが、”サバゲーに興味があって行きたいけど、行けない人”の理由の1つに「周りが迷彩服の中、自分1人だけが普段着だから浮いていて嫌だ・怖い」ってのがあるんですよ。

この理由については「初心者2人を連れてサバゲーに行く際の注意点4つ」の企画を募集するときに、未経験者さんから直接聞いた情報です。

初めてサバゲーに参加する時に一歩が踏み出せない理由とMADサバへ一歩踏み出せずに参加できない理由と似ていませんか?

なにが言いたいかと言うと、周りの装備がガチ過ぎて参加を自重してしまうってことです。

初めてサバゲーをしたときを思い出してください。

服装は「パーカーとかでもOK!」と友人は言っているし、ネットに書いてあるけど、少し不安…

不安な気持ちを胸にサバゲーをやってみると、たしかに服装はパーカーでよかった。

行くまでに気にしていた服装の不安なんて、やってみたらどうでもよくなかったですか?

MADサバに参加するための装備・服装も同じことが言えます。

ゆきお
不安な気持ちはわかるけど、装備・服装が理由で行けないのはもったいない!

MADサバに興味があるんだったら、まず参加表明を出そう。服装のことはそれから考えよう!

敷居が高く感じるのはカメラマンが原因だった?!

サバゲーマー
MADサバのHPにある写真を見ても、みんな装備がキマっていて自分がこの中に入るのは気が引けるよ…
ゆきお
それは、カメラマンの腕が良いからそういう印象を受けちゃうんだよ…

MADサバにある写真って、どれもめっちゃカッコよく撮れていると思いませんか?

それもそのはず。MADサバ3からカメラマンさんをお願いしていて、さらに参加者のカメラマンさんもどえらい量のカッコいい写真を撮ってくれるからです。

「写真撮ってください!」と言われれば、どの参加者にも親切に写真を何枚もバチバチ撮っていました。

そして夜でもバシッと撮れるように照明を使用。

ゆきお
サバゲーフィールドで照明使って撮影しているの、初めて見た…

やっぱり自分だけの装備・衣装をバチっと撮ってもらいたいよね!

サバゲーマー
たしかに、設定から完成まで膨大な時間が掛かっているから、カッコよく写真撮ってほしいよね!

撮影している時に思ったのが、世紀末の世界観を体験できるだけで参加する価値があるのに、バシッとカッコよく写真を撮ってくれるんだから参加費の参加費6000円って安い。[/voice]

“サバゲーフィールドを昼から夜まで貸し切って、カメラマンをお願いして撮影してもらって…”をやると、一体いくら掛かるんですかね?

ゆきお
この問題を全部解決してくれるMADサバってコスパ最強じゃね…?

まして学割が効く学生なら5000円で参加できるから、学生のうちに1度は参加するべき!

前日に見学からカメラマン枠へ転身参加を決めた、ゆきおの服装

最初は見学で参加するつもりでしたが、最後まで参加する上に記事を勝手に書くので、カメラマン枠として参加することにしました。カメラマンというより、むしろライターですね!

ゆきお
急きょカメラマン枠で参加するにしても、全身迷彩服や普通の私服はマズいよな…

家にある服装でMADサバに参加しても恥ずかしくない装備を見繕わねば…

色々と考えた挙句、こうなりました。

ゆきお
一応設定はあったよ?

「目が覚めたら世界が終わっていて、周りの様子を知るために外に出歩こう…」っていう設定。

目が覚めたら世界が終わっていたなら衣類は汚れていないし、持っている衣類で見繕う必要がある。

んで、サバゲー経験者なら迷彩服を持っていてもヘンじゃないでしょ?

自分がこんな私服同然な格好で参加したんだから、「装備に悩んで参加できない」って理由は止めようぜ!

ゆきお
俺以上に普段服で参加している人はいなかったはず。

まずは自分の装備についての設定を考えよう!

MADサバに参加するための自分の装備・衣装を設定しよう

サバゲーマー
自分の装備の設定を決めろって…どうやって設定を決めるの?
ゆきお
MADサバのサイトに装備の設定についての考え方があるよ。

あわせてウェザリングの仕方などが書かれているから、参考にしよう!

ウェザリング(weathering)
元々の意味は風化。”汚し塗装”という訳語が当てられていて、風雨の及ぼす影響や経年劣化を塗装や加工で再現する事。

参考URL:Wikipedia ウェザリング

サバゲーマー
えー…ウェザリングって時間と手間がかかりそうで大変そう…

臭いが出たら近隣住民から苦情きそうだし…

ゆきお
だったらレンタルを借りてみたら?

MADサバからレンタルの装備が出てるよ?

MADサバに参加するための服装がなく、家の事情でウェザリング加工ができない人や めんどくさがり屋さんはサクッとレンタルするのがおすすめ。

レンタル衣装 -RENTAL EQUIPMENT-

世紀末世界を体験したいが、衣装を作ることができない方にお勧め!
※事前予約のみレンタル対応いたします。
数に限りがありますので、予約はお早めよろしくお願いいたします。

引用|MADサバ レンタル衣装 -RENTAL EQUIPMENT-

「初めて参加するけど、没頭して装備制作はできない…だからまずはレンタルで様子見したい!」という人にもレンタルがオススメ!

装備の設定の考え方やウェザリングについてはMADサバの「​MADサバ スタイルガイド」に記載があります。

んで特に衝撃を受けたのがこちら。

ゆきお
最低限帽子と上着を買えば、そのままMADサバに参加できるじゃん…

早く言ってよ…

前日になって気づく自分。だいぶ遅かった。

上記防止のAmazon関連商品にウェザリングされた帽子がたくさん出ていました。

お気に入りの帽子を見つけられると個性が出るし、ウェザリングをしなくていいから楽かも?!

正直これらの衣類を買えば、そのままMADサバに参加できるレベル。実際に行ったから分かることですね。

なので「MADサバに参加するための衣装がないからどうしよう…」という人は杞憂。

ゆきお
「装備が云々…」と理由つけて参加しないのはあまりにも勿体ないよ…

レンタルあるし、買ったらそのまま参加できる衣類がある。なんだったら家にある衣類で十分だから!

ゆきお
(個人的には”目が覚めたら世界が世紀末になっていた”っていう設定がオススメ。

家にある衣類だけで考えられるから…)

MADサバ7について

雨予報の中、120名の参加者!

さっきも言いましたが、MADMAXに出てくるような人からFalloutディビジョンに出てくるような終末装備の人も多かったですね!

というのも”文明が崩壊した後の終末世界”がMADサバのテーマなので、色んな映画やゲームを参考に自分の装備を作って参加しているようでした!

関連URL:MADサバ公式サイト

MADサバのバトルゾーンは怒号が飛び交い、あちらこちらで戦闘が起きていた

さて、今回のMADサバ7はユニオンベースで行われました。

メインストーリーとしては、レッドトライブスは勢力を取り戻すべく、ホワイトクイーンズが牛耳る地域『ユニオンタウン』に目をつけ、二勢力の争いが勃発。

戦いを求める者はバトルエリアで戦い、銃で戦う者や近接武器で戦う者、それぞれが戦闘エリアのあちこちで戦う一方で、戦いを好まない人々はシティやセーフティエリアで過ごしていました。

囲まれたらボコられる、なんてことありました笑

ボコられてはいますが、相手をケガさせないように細心の注意を払ってボコっているのがわかりますかね?

1人でもケガ人が出れば雰囲気は確実に悪くなりますし、誰も良い気持ちはしません。

ゆきお
ふざけているようで、守るべきところはキッチリ守っているから女性も安心して参加できますよ!

むしろ女性の方がMADサバの世界観にドはまりしているような印象もありましたね。

ですが最初にも言ったとおり、雨の中でのMADサバ。雨足が強くなってきたため、一時休戦。

サバゲーマー
戦わないで何をしていたの?
ゆきお
そこでショップ販売とMADサバ7からの新システムなんですよ…!

MADサバは戦うだけではない。ショップや物々交換などを通じて人と人とが繋がる!

参加者が持ち寄ったモノを現金やMADサバ内での通貨『CAP』で売買できます。

協賛でエイトボール商会さんやBig-outさんも出店していました。

もちろん参加者もショップを出すことができますよ!

MADサバ7に参加した関東方面隊メンバーも自分たちの商品を販売していました。フラッシュ焚かないとわからないくらいの隠れ家でした。

BARTER(バーター)システム

今回のMADサバ7から始まったBARTER、一言で言うと物々交換です。

“世紀末世界では通貨の流通が乏しいから、いっそのこと物々交換しようぜ!”ってハナシです。

自分の持ち物をバーター専用の机に置き、他人の持ち物と交換する、いたってシンプルな仕組み。

物々交換に不満があれば交渉もしていたようです。交渉で解決できたかどうかは知りません…まあMADサバですから…

雨が止んだ時には辺りはもう真っ暗。夜のMADサバへ突入…

雨が止んだ時には辺りはもう真っ暗。フィールド内の陣地を入れ替えて、夜のMADサバが始まりました。

ユニオン系列で初の!?フィールド内に火が持ち込まれました!

からの、フィールド内で暖を取れるように火の使用を認めていただきました。

ダメ押しのユニオンベース様、MADサバ運営陣の粋な計らいから、夜のMADサバではBB弾の発砲を一切禁止した上で、ゴーグル無しでもフィールド内を過ごせるように!

他にも雨予報の関係でテントを大量に準備していただきました。

さらに送迎に関してもユニオンベース様の神対応。

当初、ユニオンバス送迎が17時と21時の2便でしたが、午前4時頃を目安に送迎バスをユニオンが出してくれることになりました!

ゆきお
神対応で頭が上がりません…ありがとうございました。

Can Luck Party(持ち寄り缶パーティー)

受付時、参加者は1人1缶を運営に渡し、夜になったら運営からランダムで缶を参加者に再配布するというパーティ。

その際、缶の中身がわからないように塗装やガムテープで外装を隠すことで、食べてからのお楽しみ…!なプチイベント。

MADサバ初の試みである夜のMADサバ。世紀末世界な夜を過ごしているだけでテンション上がるのに、フィールド内で火が焚かれ、その周りで仲間と一緒に缶の中身についてワイワイ騒ぐ。

ゆきお
遠くから見ていたけど、めっちゃ楽しそうだった。

カメラマン枠としてだけど、思い切ってMADサバに飛び込んでめちゃくちゃ良かった

今回カメラマン枠として参加しましたが、写真を撮っておりません。自分、スマホしか持ってないので…すみません。

その代わりにこの記事を書いています。特にMADサバに興味があって行ってみたいけど、一歩が出ずに参加できないという人に対して。

昼の11時30分から翌日午前3時まで、ずーっと自分はMADサバにいました。

正直23時くらいには書くネタは出来上がっていたので、最後まで残らずにさっさと帰ることは可能でした。

雨上がりの11月中旬ですよ?めちゃくちゃ寒かったです。

家で暖まりながら記事を書いたほうが風邪も引かないでしょうし、効率がいいのはわかっていました。

ですが、MADサバにいるだけで楽しかったんですよね。

自分はセーフティーエリアの火で暖まりながら淡々と記事を書いているだけです。記事を書くために参加したので。

セーフティーエリアの火の周りにも人が集まったり、いなくなったり…静かな空間。

火を囲んでいる参加者の笑い声やわいわい騒いでいる雰囲気がめちゃくちゃ楽しそう、ってのが遠くからでも分かるんですよね。

例えるなら、夏祭りのお囃子が遠くで聞こえる一方、深夜のサービスエリアの雰囲気も楽しめるという空間。

肌寒さもスキーへ向かう時のワクワク感に似ていて、とにかく雰囲気が最高でした。

時々参加者さんと話しました。みなさん衣装がイカついのに、めちゃくちゃ優しい。

定例会では中々会えないような、良い人たちばかりでした。

MADサバの衣装について困っているなら、まず参加して、参加者に色々と教えてもらうのが1番ですね。

みんなこだわりを持って衣装を作っているので、自分の衣装について聞かれて、イヤな気持ちになる人なんていませんよ!

こういった普段のサバゲーには無い人と人との温かみを感じられたので、帰りたくても帰れませんでした。

「みなさん、こういうMADサバの雰囲気が好きで参加しているのかな?」と初参加ながらに感じました。

自分の思いや個性を世紀末の世界で表現し、生き抜く素晴らしいイベント、MADサバ。

思い切って参加して良かったです。参加しようか悩んでいる人はぜひ参加しましょう。

ゆきお
MADサバ参加者の雰囲気を知りたい方は、Twitterで#MADサバとか、#MADサバ7って検索してみたら?