大学生サバゲーマーが仮想通貨に手を出した結果、16倍で返ってきました。

あわせて読みたい
SPLASHと、どこでもベープ塗装のコラボ中!
【藪好きが教える】夏の森林サバゲーフィールドの虫対策について!

どうも、96年生まれのサバゲーブロガーゆきお(@yukio828_com)です。

あなたは今話題の仮想通貨を買っていますか? もちろん自分は仮想通貨をバッチリ買ってますよ!

2017年の10月に5000円分だけ興味本位で購入し、2018年1月末現時点で8万円になりました。16倍です。

仮想通貨に5000円という少額でためしに手を出してみましたが、それでも16倍という意味不明具合。単純に5万円分買っていれば、80万円になっていました。

ゆきお
数年後の自分が楽しく遊べるように5000円だけ仮想通貨を買ってみたけど、予想以上に跳ねたな…

仮想通貨を購入する資金がなかったのもそうですが、仮想通貨に大金をつぎ込むことに不安だったため、5000円分しか買っていませんでした。

5000円分しか買っていないのに、カスタムしたエアソフトガンが1挺買えるくらいの金額に跳ねています。買っておいてよかった、仮想通貨。

今回は「仮想通貨って何?なんか怪しい…」という、近所のおばちゃんみたいな人向けに仮想通貨を解説!

ありがちな誤解:仮想通貨=ビットコインではありません。

まずそもそも仮想通貨=ビットコインって人が多すぎ。ビットコインってのは仮想通貨の1つです。

図にした方が分かりやすい?ですが、スマホの大分類の中にiPhoneやandroid等が分類されているように、仮想通貨という大分類の中にビットコインやネム等といった仮想通貨が分類されています。

銃で例えるなら、”アサルトライフルとM4A1はイコールでつながる”と思っている感じ。意味分からないでしょ?

図では1ビットコイン(BTC)は約120万円で1ネム(XEM)は約102円と仮想通貨ごとで値段が異なり、自分が欲しい仮想通貨を取引所で購入できるわけです。

ビットコインはBTC、ネムはXEM書くぞ!
サバゲーマー
待って、取引所って何?

取引所ってのは仮想通貨を売買できる場所のこと。有名なのは2018年始に580億円相当のネムが盗まれたコインチェックですね。

他にもビットフライヤーやら、Zaifといった取引所もありますし、もちろん海外の取引所もあります。

これらの取引所に自分の口座を開設し、自分のお金を取引所に入れ、仮想通貨を購入、という流れです。

先ほどの図ですが、例えば5000円分のネムを買いたければ、5000円÷102円=約49ネムが購入できるワケ。

サバゲーマー
ネムは買えるかもしれないけど、5000円でビットコインは買えないでしょ?
ゆきお
実はビットコインも買えるんだな~

手持ち金よりもビットコインの値段の方が高くても、ビットコインは購入可能。

取引所Zaifを例にしますが、1BTC1225000円の時に最小単位である0.0001BTCで注文すると、122円。122円でビットコインが購入できちゃいます。

図のように122円で0.0001BTC買えるため、「お金がないから仮想通貨は買えない…」ってのはおかしな話だったりします。

仮想通貨のメリット:年齢関係なく、仮想通貨を買った人間が人生一発逆転の可能性を秘めている

年功序列だったりや派閥に属したり、誰かのお気に入りにならないと昇進できずに給料が上がらない会社に勤めていると、「給料上がるまでの道のりは遠いな…」って絶望しません?

仮想通貨は買った人皆平等に、お金持ちになれる可能性を秘めています。あなたが数年前からビットコインに目を付けて、淡々を購入していれば、億万長者になれたかもしれません。

ちなみに2年前の2016年1月ごろの1BTCは5万円くらいです。2018年1月末は1BTC120万円くらいなので、約24倍ですね。

億万長者になれば仕事も辞めるまではいかないとも、趣味の道具をたくさん買えたり、良い場所に住めたり、良い車を買うこともできるわけですよ。

自分は数年後もサバゲーをしたいですし、色んなことをしてみたいので、数年後を見据えて仮想通貨を買っています。見据えた結果、まだまだ少ない額ですが5000円が8万円に跳ね上がりました。

仮想通貨のリスク

自分が持っている仮想通貨は自分で守れ!

サバゲーマー
さっきのコインチェックの話だけど、自分が買った仮想通貨が盗まれたら保証してくれない可能性もあるんでしょ?
ゆきお
銀行が倒産したら自分のお金が全額返ってこないのと似ていて、仮想通貨が盗まれたら戻ってこないよ? だから、自分で守らないとダメ!

580億円相当のネムが盗まれたのって、コインチェックという取引所に置いてあるネムが盗まれたんです。

結論、取引所に仮想通貨を置いておくのが悪い。

取引所にネムを預けずに、自分で保管しておけば何も問題なかったというワケ。

コインチェックの問題をサバゲーに例えるなら…

あなたは喉から手が出るほど欲しかった実物一点モノをやっと手に入れることができました。

ですが、手持ちが一杯で持って欲しかった商品を帰れないため、ミリタリーショップに取り置きしてもらい、後日取りに行くこと。

さっさとミリタリーショップに取りに行けばよかったものを、ショップに強盗が入ってあなたの商品を盗んでいきました。もちろん一点モノなので、ショップが代替品を出すのは難しいです、って話。

もう1つ絵画で例を挙げましょう。
あなたがずっと欲しかった、世界で1つしかない絵画ゴッホのひまわりをやっとゲット。手で持って帰るのは困難なので、後日家に送ってもらうことに。

送ってもらおうとしたものの、強盗に入られてしまい、あなたの絵画が盗まれてしまいました。警察にを出しますが、保証という保証はないでしょう。って感じ。

少しズレているけど、例を出してコインチェックのネム盗難事件を解説するならこんな感じ。

数十万もするエアソフトガンを数万円のガンケースに入れて大切にするのと一緒で、数十万、数百万円分の仮想通貨を買ったならちゃんと仮想通貨を守ってあげないといけません。

詳しく説明すると長くなるので簡潔にいうと、ウェブウォレット・ソフトウェアウォレット・ハードウェアウォレットといった保管場所に自分のネムを置いておけばよかっただけの話なんです。気になったら調べてね。

知らなかった人が損をするというのが仮想通貨の怖いところかもしれません。何事にも当てはまりますけどね。

あなたの買った仮想通貨が無一文になる可能性もある

メリットでは一発逆転の可能性を秘めている仮想通貨と書きました。が、ビットコインが無価値になる可能性も秘めています。

2018年1月のチャートを見ると、1か月で1BTCが200万円から100万円に値動きしているのがわかりますかね? 米ドル/円の比じゃありません。

この乱高下にメンタルが耐えられる、自分のつぎ込んだお金が無くなってしまうかもしれない、という鋼の精神で仮想通貨に向き合わないといけないわけです。

つまり、余剰資金の中でもさらに無くなっても良いお金で仮想通貨を買いましょう。

“宝くじを買うお金で仮想通貨を買えば、懐が痛まないでしょ?”ってことです。

ま、個人的には「1人で敵陣に突っ込んで、下手に生き延びてしまって周り全員敵だらけ」って方が心臓バクバクですけどね笑

仮想通貨参入に早いも遅いも無い

仮想通貨は宝くじよりも当たりやすいみたいなもので、当たれば儲かるし、負ければ買った仮想通貨が0円になるだけです。

また”FXのように追証を食らって借金地獄…”なんてこともないため、大学生の自分でも安心して仮想通貨に手を出すことが出来ます。

そうそう、良くある質問で、

サバゲーマー
今から仮想通貨を買っても遅いですか?

みたいな人が結構います。

ゆきお
数年後どうなっているかは誰にもわかりません。

リスクを取った人間だけがリターンを得られます。

ってことしか言えません。自分は去年の秋ごろに5000円を紙くずにするリスクを取って仮想通貨を買いました。が、紙くずにならず、それなりのお金(リターン)が返ってきました。

お金が欲しければリスクを取りましょう。ただ、自分の生活を削るほどリスクを取るのはオススメしません。あくまで宝くじを買う感覚で、仮想通貨を買いましょう。

ちなみにゆきおはコインチェックを使っていません。”Zaif“という取引所を利用しています。

取引所の口座開設はお金が掛かるの?

銀行口座の開設にお金が掛からないのと一緒で、仮想通貨取引所の口座開設費用は一切かかりません。何だったら最初のお金も入れる必要なし。取引所の口座作ったけどほったらかし、ってのもアリ。

Zaifを使っている理由は大きく2つ。

  1. 手数料が安い
  2. 仮想通貨の積立投資ができる

上に図を見てもらえれば一目瞭然、-0.05~-0.01%の手数料。比べられないけど、銀行の振込手数料とか比べ物になりません。

自分は手数料がめちゃくちゃ嫌いな人間なので、手数料が出来るだけない取引所”Zaif“を選んでいます。

んで、もう一つが仮想通貨の積立投資。

「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」
「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。

Zaifコイン積立ではお客様の銀行口座から毎月固定額を自動引き落としさせて頂き、ご希望の金額を積み立てすることができます。
毎月27日に引き落とさせて頂き、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎にご指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。
もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。

引用|Zaif

どの仮想通貨をどれだけ、どのタイミングで買えばいいの分からない人向けはZaifの積立投資が最強。

積立金額は毎月最低1,000円以上からなので「とりあえず1000円から積立してみよう!」というのもイケるわけです。

サバゲーをやってみないとサバゲーについてわからないし、サバゲー界隈がよく分からないのと同じで、1000円でもいいから仮想通貨を買ってみないと仮想通貨のことが分かりません。

ゆきおは未来の自分の生活が楽しくなるように、今からコツコツと仮想通貨という種を蒔いています。

気づいたら使ってしまうような1000円を、自分のために数年後化けるかもしれない仮想通貨を買ってみるのも面白いとは思いませんか?