頬付けできるサバゲーのフェイスガードをより頬付けしやすく改造する!

あわせて読みたい
SPLASHと、どこでもベープ塗装のコラボ中!

【藪好きが教える】夏の森林サバゲーフィールドの虫対策について!




どうも、ゆきお(@yukio828_com)です。

頬付けできるフェイスガードについての記事を『【頬付け可】サバゲーのおすすめフェイスガードのススメ!』で書いたのですが、この記事で紹介しているフェイスガードって地味に頬付けしにくくない??

頬の部分が布っぽくなっているんだけど、中に緩衝材か何かが入っているっぽくて頬付けしづらいんですよ…

というわけで、より頬付けしやすいように改良しました。「これ以上簡単に改良するのは無理じゃね?」ってくらい簡潔に。

ゆきお
やっぱり中身抜くと照準器が覗きやすくなった!

サクッと改良した割にはめちゃくちゃイイ感じ。今回はこの良さを共有したいので、記事にしますよ!



アゴに近い部分から中身を切って抜き取る

中身を抜き取るのは少しコツが必要。

実は中身って口の部分の縫い目で一緒に縫い付けられているんです…

赤い縫い目で一緒に縫われているので、縫い目に沿って緩衝材を一度切り取る必要があります。

耳側を切って中身を出すのはほぼ不可能。しっかり縫い付けられているので、中身が途中でモゲます。

なのでアゴに近い部分を必要なだけ切り、ハサミで縫い目に沿って緩衝材を切り、中身を抜き取る作戦。

裁縫でよく使うリッパーを使うのが簡単でラクですね。もちろん普通のハサミでも問題なし。

こんな感じで下の部分を切りました。

ハサミを奥まで入れて、緩衝材をカット!

カットしたらスルッと出てきます。緩衝材が2枚入っていました。

気になる人は切った跡を縫い直してもいいですが、縫い直す技術を持っていない自分はそのままでサバゲーします。だって縫い直したところで何も変わらないし。

フェイスガードの厚さをお好みで変えよう

自分は頬に被弾して跡を作るよりも、頬付けのしやすさを優先しました。

といっても布である程度ガードされているので、被弾してもそこまで酷くはならないと思っています。

緩衝材2枚を取るだけで頬付けのしやすさが段違い。厚さを調べ忘れましたが、3mm以上はあったかな?

頬の部分が布になっているフェイスガードを使っていて、「頬付けしにくいな…」と思っている人がいれば、ぜひお試しあれ!

毎週サバゲーして得たことを共有したくてメルマガを始めました

関東圏で毎週サバゲーしていたおかげで、色んな知識がつきました。

サバゲー中はもちろん、一緒に遊ぶ仲間と話していると
あなたにも知ってほしいコトが出てくるんです。

でも、記事にするには少しボリュームが足りないので、メルマガで伝えることにしました。

無料でメルマガに登録できて、さらに登録特典つき。

特典だけでも読む価値があるので、ぜひメルマガを読んでくださいね。

>> メルマガの詳細を読んでみる! <<