24時間耐久サバゲーに参加するための3つのステップを教えるよ

あわせて読みたい
SPLASHと、どこでもベープ塗装のコラボ中!

【藪好きが教える】夏の森林サバゲーフィールドの虫対策について!




27時間耐久サバゲーに参加したのがきっかけで、耐久サバゲーにドはまりしてしまった、ゆきお(@yukio828_com)です。

ブログへの問い合わせで耐久サバゲーについて質問があったり、まだ耐久サバゲーを経験したことがない人に向けて、今回は24時間耐久サバゲーへ参加するための段階を書いていこうかと。

ぶっちゃけさっさと24耐の申し込みをすれば万事解決。

なんだけど、「準備が必要」「大変そう」っていうイメージが耐久戦を参加したことがない人にはあると思うんですよ。もちろん自分もその1人でした。

つーわけで、初心者でもベテランでも、抵抗なく耐久戦へ参加するための指針を書き記していきますよ!

 



ステップ1:まずはSPLASH&BB-JUNGLEの定例会に参加しよう!

何はともあれ、24耐をやっているフィールドへ偵察がてら定例会に参加!

24時間耐久サバゲーは春と秋の年2回開催。サバゲーフィールドSPLASHかBB-JUNGLEのどちらかで開催されます。

地形も何も知らないサバゲーフィールドで、いきなり24時間戦い続けるってのは体力・精神ともにシンドイものが…

初見だと、どの道を歩けば疲れにくいとか本陣に最短で帰れるとかが全く分からないので、歩くだけで体力が削られます。自分は実際に地形が分からなかったのでめっちゃ迷ってしんどかった。

30分毎生き返り戦を除いて、24耐は倒されても本陣に戻れば即復活して前線へ戻れるので、前線と本陣への行き来が一番の疲労の原因なのかもしれません。

なので、まずは定例会へ参加して、フィールドの特徴やどういう導線があるのかどうかを事前にチェックすると、耐久戦の時にはかなり楽になりますよ!

ちなみにSPLASHは毎月第1と第3日曜日がアウトドア定例会、毎月第4土曜日がインドア定例会を開催しています。

最寄りのインターはSEALsやCAMP DEVGRUと同じ貝塚ICなので、実は都心からのアクセスがめちゃくちゃ良いんですよ。自分は行くまで知らなかった。

そして近くまでバスが通っているので、実は電車勢にもやさしいんですよ。知ってた?

んで、BB-JUNGLEは毎月第4日曜日に定例会を開催しています。

BB-JUNGLEは少し都心から離れて、東金有料道路の高田IC。ただし、インターを降りたら1分でフィールドに到着。

高速から降りて一番近いサバゲーフィールドはBB-JUNGLEと言えるくらいめちゃくちゃ近い。高速道路から見えそうなくらい近い。

高速降りてから下道で何分も走らないといけないようなフィールドに比べたら、交通の便がめちゃくちゃ良いのを強く推したい!

 

ステップ2:スタッフさんに耐久戦について色々と聞こう

ただ定例会へ行ってサバゲーをして、フィールドの地形を知るだけだと非常にもったいない!

SPLASHとBB-JUNGLEのスタッフさんに耐久戦について色々と質問しましょう。

スタッフさんは何年も、数え切れないくらいの耐久戦の運営をやっているので、スタッフという第三者目線から耐久戦について教えてくれます。

さらに、スタッフさんは何十年もサバゲーをしているベテランなので、プレイヤーとしての目線からも耐久戦についてアドバイスをもらえる。

さらに言うと、耐久戦の常連が各プレイヤーからの視点から必要なものを教えてくれるので、耐久戦についての不安は一切なくなります。

「どうして耐久戦に行くのをためらっているのか?」を自分の中で考えて、その疑問をスタッフさんに話してみると耐久戦に対して抵抗が消えます!

 

ステップ3:数時間で終わる耐久戦に参加しよう

定例会でフィールドについて知り、スタッフさんと話して耐久戦について教えてもらったら、実際に耐久戦を経験しましょう!

ちなみにいきなり24時間耐久サバゲーへ参戦するのもアリ。自分はいきなり参加した1人。

ただ、スタッフさんの話を聞いてもまだ不安だという人が中にはいると思うので、慣れるために6時間程度で終わる耐久戦に参加しましょう!

SPLASHとBB-JUNGLEでは色んな制限を課した上で耐久戦を行う”JACKPOT”という7時間耐久サバゲーを定期的に開催しています。

制限といっても、1回の出撃に1本のマガジンしか持っていけない”1マグ戦”とか、セミオート限定、NO電動ガンなど、べらぼうに厳しい制限ではありません。

そして24耐では数時間毎に1マグ戦やセミオート限定戦、NO電動ガンタイムという制限があるため、JACKPOTに参加すると24耐の良い練習になるんですよ。

JACKPOTで戦い続けられる装備やBB弾の弾数を確かめて、それを24時間だとどのくらい必要なのか計算。すると、もう24耐の準備はOKですよ。

 

24耐に参加するためのスタンプカードをもらおう

24耐へのエントリー募集は第1次から第3次まであって、スタンプカードがカギを握ります。

第1次募集はSPLASHとBB-JUNGLEが配布しているワッペン所持者が優先されてエントリーすることができます。

自分だったら27耐で勝った時にワッペンを貰ったので、第1次募集で申し込むことが可能。

第2次募集はSPLASHとBB-JUNGLEが配布しているスタンプカード所持者が優先されます。

ちなみにスタンプカードをもらう方法は定例会に参加したときに渡してくれます。

定例会や耐久戦参加ごとにスタンプが1つ押してくれて、5個貯まると定例会が1回無料。定例会の参加費は1回3000円なんですが、実質2500円なので財布にも優しい。

つまり、スタンプカードを貰う、フィールドの地形を把握する、スタッフさんから耐久戦の情報を聞くためにも定例会を参加すべきなんですよね。

  1. 定例会へ参加して、フィールドの地形を知る
  2. スタッフさんと話して、耐久戦について知る
  3. 数時間の耐久戦を経験して、24耐の準備をすすめる

24耐に参加するために段階を踏むとするならば、この順番が堅実でおすすめ。耐久戦に出たい初心者がいるなら、この方法で経験値を積んでもらって参加してもらいます。

「耐久戦に出たいけど、何をすればいいのかわからない…」という人は、騙されたと思ってこの方法を実行してみてくださいね!

毎週サバゲーして得たことを共有したくてメルマガを始めました

関東圏で毎週サバゲーしていたおかげで、色んな知識がつきました。

サバゲー中はもちろん、一緒に遊ぶ仲間と話していると
あなたにも知ってほしいコトが出てくるんです。

でも、記事にするには少しボリュームが足りないので、メルマガで伝えることにしました。

無料でメルマガに登録できて、さらに登録特典つき。

特典だけでも読む価値があるので、ぜひメルマガを読んでくださいね。

>> メルマガの詳細を読んでみる! <<